犬山城下町案内図

町家について
 1.概要
犬山城下町の町家は明治4年の濃尾大地震によって町家の姿は変わりました。震災以前の町家の姿は、江戸時代末期に小田切春江が描いた尾張名所図会によって偲ぶことができ、美濃市の町家のように卯建のある町並みであったことが分かります。
城下町の再建に当たったのは、旧犬山藩の御大工達で、それまで城、社寺の仕事をしていた熟練した大工達の手によって、町割りと道筋は替えられることなく、震災の経験を生かして頑丈に犬山の町家は再建されました。尾北写真画帖(大正元年刊)によると、犬山城下町地区には伝統的な京風の格子戸の潤いのある町家が軒を連ねていたことが分かります。
然し、昭和40年頃に近代化の名のもとに町家の前面を鉄板で覆い、洋風に改造することが流行り、本来持っている美しさが失われた家が増えましたが、今なお、随所に伝統的な町家を見ることができます。
最近市当局は拡幅予定であった本町線と新町線の道路は拡幅せず現道で整備し、伝統的建造物群保存地区を目指していて、徐々に潤いのある町並みが再建されつつあります。
この案内図は何処に犬山の伝統的町家が残っているか、道案内の目的で作成されたもので見学の一助になれば幸いです。

 2.町家の特徴
平面的には、片側が通り庭と呼ばれる土間で、それに沿って1列又は2列に部屋が3〜4室並ぶ形式で、他の古い町並みにもよく見られる平面構成です。
外観は、平入り、切妻造、2階建て、桟瓦葺、正面側は半間の下屋を付ける。2階の窓上下に内法長押を付け、出格子、平格子をつける。2階窓に手摺を設けたものは比較的新しい形式です。犬山の2階建ては三種類あります。即ち、厨子2階・バンコ2階・本2階で、厨子2階は2階の軒が低く正面側は物置部屋とする例が多く江戸期に遡る。地元の人が「バンコ」と呼ぶ、低い2階建てで正面側だけ部屋を設け、背面は部屋を造らず小屋裏です。本2階は明治末期以降で軒高を若干高くし、正面側と背面側に2階を設けた例です。

 3.格子の美しい町犬山
町家の正面に格子戸がべったりと付けられるのはそう古いことでなく、幕末の世の中が騒然とした時代に京都で必要に応じて用いられ、全国的に伝わる。濃尾大地震で傷んだ家を再建する際に京風の町家が好まれ、洗練された格子が犬山の町家の格子です。一見何処の古い町並みでも見られるものですが、バランスの良さは抜群で、これだけのデザインは一人の人間が考えたものでなく、伝統の所産と言えるものでしょう。

 4.犬山の代表的町家
@荵苳酒本舗
(練屋町)江戸時代初期から荵苳酒の醸造元。座敷棟は弘化4年、店舗は明治25年頃。
A三井家住宅
(新町)主屋は明治22年建築。蔵は大正7年「米清」の屋号の米問屋。
B高木家住宅
(中本町)大正2年建築。酒造業の本宅。
C眞野家住宅
(中本町)明治27年建築。丹業銀行の頭取の本宅。
(犬山の町家は現在も住宅として使われていて内部は非公開です)

 5.城下町としての遺跡
 D余坂木戸跡:外堀に面し桝形が明瞭に残る。
E札の辻
 E札の辻:本町と新町の交差点で城下町特有のT字路、此処に高札場が
        あった。新町には鋸形の家並みが認められる。
 F大手門跡:大手門と桝形、堀があった場所、此処から北が上級武士の
         屋敷が並んでいた町。


【特定非営利活動法人 犬山城下町を守る会】
Since : 2001.12.26 Copyright 2000-2007 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.