ごみの分別
@可燃ごみ
●可燃ごみを出す場合は、必ず透明か半透明の袋に入れて出してください。ただし、剪定枝だけは、50センチ以内に切って縛れば、袋に入れる必要はありあません。
●布団を可燃ごみとして出す場合は50センチ未満に切って、透明・半透明袋に入れて出してください。そのまま出す場合は粗大ゴミ(Q参照)になります。
●分別の徹底とマナーの向上のため、可燃ごみ(透明・半透明袋)は、名前を書いてだしましょう。
●生ごみ(台所ごみ)は生ごみ処理機やコンポスター、ぼかしなどを利用し、たい肥化や消滅させるよう心がえてください。
※市内の店舗で生ごみ処理機を購入すると、申請により補助金(最高二万円)を交付します。
●可燃ごみの袋の中に、まだ資源となる紙類やプラスチック製容器包装が入っています。ごみ減量やリサイクル推進のため、分別や徹底をお願いします。
A不燃ごみ
●金属性のものや、金属以外の部分がバラバラにできないものが、不燃ごみとなります。
●縦・横・高さいずれかが50センチ以上のものは粗大ごみ(Q参照)となります。
●バラバラに分解された洗濯機・テレビ・冷蔵庫・エアコン・パソコンが不燃ごみとして集積場に出されていますが、市では収集しません。
 ※この5点の廃棄方法は家電リサイクル法等で定められており、家電小売店やメーカーに引き取ってもらってください。
Bスプレー缶類<危険ごみ>
●事故の未然防止のため、スプレー缶やカセットボンベを出すときは、ガス抜機や釘などで必ず穴を開けて出してください。まだ穴が空いていないスプレー缶類がでていて危険です。
Cアルミ缶/Dスチール缶/Eペットボトル/F紙パック/Gプラスチック製容器包装<資源物>
●缶はマーク「アルミ」「スチール」を確認して、きちんと分別してください。
●お茶や菓子、食品用の缶詰は、スチール缶としてリサイクルできます。洗ってスチール缶として出してください。
●ペットボトルは中を水洗いして、キャップとラベルを取って出してください。キャップとラベルはプラスチック製容器包装として出してください。
●牛乳パックは、必ず切り開いてください。内側にアルミはくが張ってあれば可燃ごみです。
●プラスチック製容器包装は、プラスチック製で商品を入れたもの(容器)や、包んだもの(包装)が対象となります。具体的に洗剤やシャンプーなどのボトル類やカップ麺、プリンなどのカップ。ケース類、レジ袋や食品のラップ類などのポリ袋・ラップ類、みかんなどのネットやびんなどのふたのネット。フタ類など多くの種類があります。プラスチックリサイクル「プラ」を参考にしてください。
●出す祭には中を水洗いしてきれいにし」、金属スプリングの入ったノズルなどの異物を取り除き、袋などに入れずにバラバラのまま収集容器に出すようにしてください。
●プラスチック製のハンガーやおもちゃなどは可燃ごみか不燃ごみです。また、マヨネーズやケチャップなどきれいに洗えないものや、汚れたままのものは可燃ごみとして出してください。
●生ごみや紙オムツが出ていることもありました。可燃ごみに出すようにしてください。
●発砲スチロール製のトレイなどもプラスチック製容器包装として収集します。発砲スチロールは収集容器の中にたくさん入るうように、できるだけ割って出してください。
●プランターなどに使ったもので、きれいに汚れが取れない場合は可燃ごみに出してください。
H無色/I茶色/Jその他(黒・青など)<空きびん>
●空きびんとは、リサイクル可能な飲料用のびんです。ビールびんや一升びんは繰り返し使用できるびんです。販売店でリサイクルしてください。
●割れた空きびんやガラス類(コップ、化粧品・医療品のびん)は不燃ごみです。絶対に出さないでください。
 ※空きびんは、知的障害者授産所で人が分別しています。割れたびんなどで分別作業中にけがをすることがありますので、協力してください。
K新聞紙/L雑誌/M段ボール/N布類<古紙など>
●新聞紙や雑誌を容器に入れる時は必ずひもを都ってください。
●容器に入れたあとは、必ずふたを閉めてください。
●ダンボールは縛ってください。
●布団やカーテン、ぬいぐるみ、綿入り類、裁断くずなどは粗大ごみや可燃ごみになりますので、布類として出せないでください。
●使用済みのティッシュた紙オムツは可燃ごみで出してください。
●紙コップや洗剤の容器など、紙製容器でもコーティングがされているようなものは可燃ごみにだしてください。
●洗剤や選考の容器など、強いニオイのついてものはリサイクルできません。可燃ごみに出してください。
 ※PTAや子供会が行う資源回収にも協力してください。日程は、毎月1日号の広報に掲載しています。
O乾電池/P蛍光管
●乾電池の収集には、ボタン電池やリチウム電柱は含まれません。販売店へ持っていってください。
●電球や割れた蛍光管が混入されています。不燃ごみへ出してください。
Q粗大ごみ
●粗大ごみは電話ややクによる有料戸別収集を行っています。
●粗大ごみは、家具、寝具、建具、電気器具、石油器具などの大型ごみです。大きさは縦・横・高さの「いずれか一辺が50センチ以上」で「200センチ×150センチ×100センチ以下」のものです。
●収集日は、各地区に月2回指定曜日となります。また、直接都市美化センターに運び込むこともできます。(有料)
●電話(フリーダイヤル0120-484-530)で収集日一ヶ月前から一週間前までの午前9時から午後5時まで(土・日・祝、年末年始を除く)に申し込んで絵ください。
■処理困難物■
●オートバイ、耕運機などの農機具、タイヤ・バッテリー。、石・ブロックなどは市で処理ができません。それぞれ販売店に引き取ってもらうか、広報3月15日号と同時に配布する「分別リサイクルなんでも百科」でお知らせする業者で引き取ってもらってください。
Since : 2007.3.27 Copyright 2000-2007 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.