パソコンカタログスペック表の見方

1.機種 16インチワイドノートPC
2.CPU インテルR Core2 Duo プロセッサ P8700
(3MB L2キャッシュ、2.53GHz、1066MHz FSB)
3.メモリー 容量 (規格) 標準:2GB/最大:4GB (PC2-6400 DDR2-SDRAM)
スロット数 2スロット[空き:1]
4.ディスプレイ 16.0インチワイドTFT
WXGAウルトラクリアビューカラー液晶ディスプレイ
(1366 × 768 / 最大1,677万色)
5.グラフィクス グラフィック
アクセラレーター
モバイル インテルR GMA 4500MHD
(モバイル インテルR GM45 Express チップセットに内蔵)
ビデオメモリー 最大780MB
6.ハードディスク 約320GB(Serial ATA、5400rpm)
7.光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブDL(DVD-R/+R 2層書込み)
8.インターフェース PCカード ExpressCard/54(ExpressCard/34対応)×1
(ExpressCard Standard Release 1.2準拠)
メモリーカード 5in1メディアスロット×1(利用可能メディア:メモリースティック、メモリースティックPro、xD-ピクチャーカード、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、マルチメディアカード)
USB USB2.0ポート×4(右側面×2、背面×2)
IEEE1394 IEEE1394ポート(4ピン)×1
ディスプレイ ミニD-sub15ピン×1、HDMI出力端子×1
PS/2 -
LAN RJ45×1
オーディオ入力 マイク・ラインイン兼用端子(3.5mmステレオミニジャック)×1
オーディオ出力 ヘッドホン・ラインアウト兼用端子(3.5mmステレオミニジャック)×2
Bluetooth Bluetooth V2.1+EDR 準拠内蔵
9.LAN LAN 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠
無線LAN 高速Draft 11n対応ワイヤレスLAN本体内蔵
10.OS Windows VistaR Home Premium with SP1正規版
11.主なアプリケーションソフト MicrosoftR Office Personal 2007
 
1.機種 機種や型番などが記載されており、同じブランド名でも型番ごとに構成が違います。
 







2.CPU
パソコンの心臓部と言えるパーツで、いろいろな計算などを行っています。 確認するポイントは、ブランド名+品番、クロック周波数です。 ブランド名+品番( Intei社はプロセッサナンバー、AMD社はモデルナンバー )でクロック周波数が決まっているため、 同一ブランドならばクロック周波数の高い方が性能が良いと言えます。
  Intel AMD
フラッグシップモデル Core i7 Extreme
Core i7
Core 2 Extreme
 
ハイスペックモデル Core 2 Quad Phenom II X4
Phenom X4
スタンダードモデル Core 2 Duo Phenom II X3
Phenom X3
Athlon X2 Dual-Core
エントリーモデル Pentium Dual-Core
Celeron
Athlon
Sempron
 

















3.メモリー
パソコンのデータを一時的に記憶しておく装置のことで、作業場とも言えます。 最大容量は OSによって変わります。 32bit版の OSは、4GB(ギガバイト)まで、64bit版の OSは、128TB(テラバイト)までです。
規格名 チップ規格 モジュール規格 作動周波数(MHz)
DDR SDRAM DDR200 PC1600 200
DDR266 PC2100 266
DDR333 PC2700 333
DDR400 PC3200 400
DDR466 PC3700 466
DDR500 PC4000 500
DDR533 PC4200 533
DDR2 SDRAM DDR2-400 PC2-3200 200
DDR2-533 PC2-4200 266
DDR2-667 PC2-5300 333
DDR2-800 PC2-6400 400
DDR2-1066 PC2-8500 533
DDR3 SDRAM DDR3-800 PC3-6400 400
DDR3-1066 PC3-8500 533
DDR3-1333 PC3-10600 667
DDR3-1600 PC3-12800 800
 
  タイプ ピン数  
DDR SDRAM DIMM 184ピン
S.O.DIMM 200ピン
Micro DIMM 172ピン
DDR2 SDRAM DIMM 240ピン
S.O.DIMM 200ピン
Micro DIMM 172ピン
DDR3 SDRAM DIMM 240ピン
S.O.DIMM 204ピン
Micro DIMM 172ピン
 
4.ディスプレイ
パソコンからの情報を表示するテレビモニターの事です。 サイズはテレビと同じで対角線のインチで大きさを表しています。 解像度はピクセル数(縦横の点の数)を表し、色数は表現できる色の数を表しています。
 

5.グラフィクス
パソコンが情報をディスプレイに出力するための装置です。
解像度は出力可能なピクセル数(縦横の点の数)が記載されていますが、ディスプレイによっては表示できない設定も記載されています。 ビデオメモリーは、アクセラレーター内で画像や映像処理をするための一時記憶領域です。 チップセット内蔵式の場合、メインメモリーの一部を使用するためユーザーが使用できるメモリー量が減ります。
 
6.ハードディスク
データを保存するための内蔵型固定記憶装置の事です。 接続規格は Serial-ATAが主流となり、特に注意すべきポイントはありません。 ディスク回転数は数値の大きい方が読み書きが早いです。
7.光学ドライブ CDや DVDなどを読み書きするための装置です。
 







8.インターフェース
USB プリンターやデジタルカメラ、キーボードやマウスなどをパソコンに接続するためのポート。
PS2 キーボードやマウスを接続するためのポート。
シリアルポート パソコン同士の接続やアナログ電話や ISDN用モデムなどの周辺機器を接続するポート。
プリンターポート プリンターを接続するポート。
IEEE1394 AV機器やコンピュータなどの周辺機器を接続するためのポート。 周辺機器には FireWire、 i.LINK(アイリンク)などと記載されています。
サウンド 音声入出力に関するコネクターの種類などが記載されています。
カードスロット ノートパソコンや一部デスクトップパソコンに搭載されている拡張スロットです。 PCカードスロットは周辺機器接続用のコネクター増設、無線 LAN装置や増設用ハードディスクなど、 機能拡張スロットです。 SDカードやメモリースティックなどのメモリーカードが利用できるよう、 別に専用スロットを用意している物もあります。
 
9.LAN

LAN、無線 LANの通信速度などが記載されています。ノートパソコンや一部デスクトップには内蔵型無線 LANが搭載されています。
 






10.OS
パソコンを操作するための基本となるソフトウェアです。 アップル社以外のメーカーは、 ほとんど Microsoft社の Windowsを使用しています。2009年 9月現在、一般に売られている パソコンのほとんどが Windows Vistaを搭載しています。 Windows Vistaにもいくつかの 種類があり、その性能や用途が違います。大きくは、32bit版と 64bit版があります。
各エディション
Ultimate すべての機能を利用できる
Home Premium 家庭や個人の利用に機能を限定してある
Home Basic インターネットやメールなど機能を最低限に絞ってある
Business 不要なマルチメディア機能を省き小規模ビジネスに適した機能に設定されている
Windows XP
ダウングレードサービス
Windows Vista インストールモデルに Windows XP を
インストールして出荷するタイプ
11.主なアプリケーションソフト 予めインストールしてあるソフトウェアが記載されています。