健 康 〜2010年3月案内〜
 市民健康館さら・さくら  TEL:63-3800/FAX:65-3080 《土・日・祝を除く(午前8時30分〜午後5時
市民健康館さら・さくら 各種相談ガイド 【5月】
問合せ先:市民健康館さら・さくら TEL:63-3800 FAX:65-3080
事業名 日時 内容/担当
@いきいき健康相談 19日(火)…13:30〜14:30 心と体に関する相談や家族の健康に関する相談など
保健師・看護師
A健康なんでも相談 28日(金)…13:30〜15:00 船曳 純一 ふなびきクリニック院長
B栄養士による栄養相談 19日(水)…13:30〜15:00 栄養に関する悩み相談/栄養士
Cおくすり相談 19日(水)…13:30〜14:30 薬に関する相談 間宮 進 城東薬局薬剤師
Dアルコール相談 8日(土)…10:00〜15:00 飲酒に関する悩み相談 断酒会会員
Eこころの悩み相談 25日(火)…13:30〜15:30 こころに関する悩み相談 加藤荘二犬山病院院長

市民と医療を語る会 ちょこっと歩こう犬山

 とき:5月20日(水) 午後1時30分〜3時30分
 ところ:市民健康館さら・さくら201研修室
 テーマ:「最近の骨粗鬆症の治療(骨質〜健やかな健康のために〜」
 講師:河村英徳カワムラ整形外科副院長
 【お問合せ】市民健康館さら・さくら

 今回は、城下町コースです。健康づくり推進員と楽しく歩きましょう。
 とき:5月11日(火) 午前10時から約一時間(雨天中止)
 集合場所:犬山駅東からくり時計前
 ところ:城下町コース  【お問合せ】市民健康館さら・さくら
骨密度チェック  
 とき:5月18日(火)午前10時〜午後4時
 ところ:イトーヨーカドー犬山店一階(セントラルコート)
 対象:18歳以上の人(平成21年5月以降に同検診を受けた人除く)
 持ち物:健康手帳 検診料:300円
 【問合せ先】市民健康館さら・さくら
 
運動処方
 健康運動指導士があなたの体力を見て、適切な運動を処方します。過去に体力チェックを受けたことのある人、これから体力チェックを受ける人は、この機会に運動処方うぃ受けて健康づくりに役立ててみませんか?
 とき:5月12日(水) 午後1時〜3時
 ところ:市役所2階 205会議室
【問合せ・予約先】市民健康館 さら・さくら
≪高齢のみんさんへ≫〜生活の中で困っていることや心配なことはありませんか〜
 高齢のみなさんが、安心して暮らせるよう支援するため総合相談や介護予防、虐待防止などの祖談窓口を設けています。
「どこに相談するのかわからない」といった悩みもまずは近くの地域包括支援センター・サブセンターへ相談してください。内容に応じて、適切なサービスや機関、制度を紹介します。  ▼問合せ先:長寿社会課内犬山市地域包括支援センター
地域包括支援センター
所在地
電話番号
犬山市地域包括支援センター
市役所長寿社会課内
61-1800
犬山北地区サブセンター
市社会福祉協議会内
63-0506
犬山南地区サブセンター
市休日急病診療所併設
62-2270
城東地区サブセンター
特別養護老人ホームぬく森内
65-2100
羽黒・池の地区サブセンター
老人保健施設フローレンス犬山内
68-13635
楽田地区サブセンター
特別養護老人ホーム犬山白寿苑内
67-6684
≪各種福祉手当受給のみなさんへ≫
 次の福祉関連手当てを受給している人は、毎年一回、現状届などを提出することになっています。該当する人には届出用紙が送られてきますので必ず届け出をしてください。
 届け出をしないと、引き続き受給ができなくなります。
 また、各手当には所得制限などがありますので、同封の説明書を確認してください。
 ▼提出期間・問い合わせ先
 ◎自動扶養手当・県遺児手当て・市遺児手当て:8月3日(月)〜31日(月)子ども未来課育成担当
 ◎特別児童扶養手当・特別障害者手当・障害児童福祉手当・経過的福祉手当・在宅重度障害手当
    : 8月11日(火)〜9月10日(木)福祉障害者担当
 ※受付は各手当とも、土、日を除いた午前8時30分〜午後5時15分
みんなで進めるいぬやま健康プラン21 
「新型インフルエンザ」〜備えと「咳エチケット」の必要性〜
 「鳥インフルエンザ」由来の「新型インフルエンザ」の発生危機が話題になっています。まだ免疫を人類の誰も持っていない「新型」であるゆえに、発生した場合には世界的大流行(パンデミック)が起こる危険があります。
 平成20年11月下旬の専門家会議では、「学校で新型インフルエンザが1例でも発生した場合しは都道府県が、県下すべての学校を閉鎖する指示を出す」と指針が出されました。
 過去に「新型」のインフルエンザが大流行した例として、1918年のスペイン風邪があります。このときには、地球人口の50%にあたる約6億人が罹り、死亡者は4千万人でした。
 新型インフルエンザ発生時には、大きな社会的影響がでることが予測されますが、外出制限に備えて、家庭では2週間分程度の食料・日用品の備蓄をしてください。また、日頃からの「咳のエチケット」の実行で、風邪やインフルエンザの感染を防ぎましょう。
 ・エチケット1… 咳やくしゃみをするときは、ティッシュで口と花をおおい、他の人から顔をそらしましょう。
 ・エチケット2…
使用したティッシュは、すぎゴミ箱に捨てましょう。
 ・エチケット3… 咳がでるときには、マスクを着用しましょう。
 ・エチケット4… 料理・食事前はトイレ・外出後はもちろん、咳やくしゃみを押えた手、鼻をかんだ手は、すぐに石鹸であらいましょう。
 
※内容・時間等が変更することがありますので、広報「いぬやま」にて確認してください。
市民健康館「さら・さくら」
犬山市大字前原字橋爪山 15-2 TEL:63-3800/63-3810(さら・さくらの湯)
Since : 2001.12.26 Copyright 2000-2010 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.